ここから本文です

「鳥獣戯画の手ぬぐい」なぜタリーズコーヒーが? 6年前から恒例、風呂敷やマステも登場 担当者に聞いた

7/22(月) 7:00配信

withnews

 タリーズコーヒーで19日から販売されている「タリーズ手ぬぐい鳥獣戯画」。2013年から定期的に売られており、今回はマグカップやマスキングテープなどもあります。なぜコーヒーの店が鳥獣戯画なのでしょうか? 担当者に理由を聞きました。

【画像】鳥獣戯画のマグカップ、マスキングテープ、がま口ケース、風呂敷……手ぬぐいには「隠し文字」も!

価格は税込み1400円

 京都の高山寺に伝わる国宝絵巻「鳥獣戯画」。

 そこに登場するウサギやカエルなどをモチーフにした「タリーズ手ぬぐい鳥獣戯画」が今月19日から、一部店舗を除いて販売されています。

 動物たちがコーヒーを淹れたり、マシュマロを焼いたりしてキャンプを楽しんでいるデザインで、価格は税込み1400円です。

 タリーズコーヒーでは2013年から、手ぬぐいブランド「かまわぬ」とコラボした手ぬぐいを販売。中でも人気なのが鳥獣戯画です。

 今回は手ぬぐいだけでなく、鳥獣戯画シリーズの風呂敷やマグカップ、マスキングテープ、タリーズカード&がま口ケースセットも売っています。

担当者に聞きました

 なぜコーヒーのお店が手ぬぐいなのか? なぜ鳥獣戯画なのか?

 タリーズコーヒージャパンマーケティング本部の阿部大さんは「きっかけは2013年に開店した銀座の歌舞伎座店なんです」と話します。

 500号記念店舗となった歌舞伎座店。店頭サインに提灯(ちょうちん)をコラージュしたデザインを施したり、壁は市松模様のデザインにしたりと、歌舞伎座にちなんだ装飾が施されました。

 店舗デザイン以外にも何かできないかと考えるなかで、鳥獣戯画の手ぬぐいを売ることが決まったそうです。

 歌舞伎座店で好評だったことから、「かまわぬ」とコラボした手ぬぐいを他の店舗でも売ることに。毎年鳥獣戯画というわけではありませんが、正月恒例の商品となりました。

手ぬぐい以外も

 今回、手ぬぐい以外のグッズを売る狙いについては、こう説明します。

 「東京五輪に向けて増える外国人観光客に『日本ギフト』として発信したいと考えました。かまわぬブランドのファンに向けての発信でもあります」

 カエルやウサギが描かれたタリーズカードは、がま口ポーチとセットに。4巻の絵巻物からなる鳥獣戯画に合わせて、マスキングテープは「コーヒータイム」「キャンプ」「コーヒージャーニー」「コーヒー豆」の4種類セットにしました。

 「マスキングテープはタリーズで初の取り扱いです。女性にぜひ使っていただきたいです」と阿部さん。

 手ぬぐいのデザインには「タリーズ」の文字が隠れているそうで、そちらもぜひ探してみてくださいとのことでした。

最終更新:7/22(月) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事