ここから本文です

原動力になったのは“2ちゃんねる”――7年前、VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今

7/21(日) 11:00配信

ねとらぼ

 ラテアートの達人・まっつんさんが「ラテアート専門店」をオープンしたというので遊びに行ってきました。まっつんさんは、2011年ごろから「2ちゃんねる」(※現在は「5ちゃんねる」)で人気になり、その後はイベントなどでラテアートを披露する活動を続けています。

【画像で見る】店内の様子や他のラテアート

 2019年6月にオープンしたラテアート専門店「HATCOFFEE」は、リクエストしたラテアートを目の前で描いてくれるお店。このスタイルの原点は2ちゃんねるにあります。あの頃の活気が懐かしいというまっつんさんに、ラテアートを作ってもらいつつ、当時の思い出を語ってもらいました。

「VIPから来た」というお客さんが来る店

――開店おめでとうございます。お店はいかがですか?

まっつん:ようやく落ち着いてきました。幸いなことに、平日は日によりますが、土日は結構忙しくしています。

――開店して1カ月です。当時、2ちゃんねるを見ていた人の来店はありますか?

まっつん:ちらほらあります。びっくりしますよ。いきなり「VIPから来た」って言われて。“我流ラテアート”は10年近く前の記事だったりしますから。今でも、まとめサイトを見ると残っていますね。

――当時は“安価”で指定されたラテアートを次々と描いてましたね

まっつん:最初は撮りためたラテアートを投稿しただけでした。そのときに「次は、安価でやってほしい」って言われたので、自分の家にマシンを買って。今はああいう雰囲気ってないですよね。一番いいときにやっていたのかもしれません。

(注)安価とは:自分が次に取る行動を他人に決めてもらう手段。掲示板の書き込み番号をあらかじめ指定し、そこに書かれた内容を実行する。絶対に。

――今は、ネットの雰囲気が変わったと感じますか?

まっつん:今はTwitterやInstagramを利用していますが、すぐにレスが返ってくるライブ感は、2ちゃんねるならではだと思います。ツイキャスとかならライブ感はあるのかもしれないんですけど、2ちゃんねる特有の空気っていうのがありましたね。

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 15:13
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事