ここから本文です

小祝さくらが逆転でツアー初優勝 「黄金世代」今季5人目

7/21(日) 14:07配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 最終日(21日)◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6601yd(パー72)

【写真】小祝さくらの暑さ対策とは

2打差の2位から出た21歳の小祝さくらが7バーディ、ボギーなしの「65」でプレーし、通算17アンダーとして逆転し、ツアー初優勝を遂げた。

今季の国内女子ゴルフツアーは20試合を消化。1998年4月~99年3月生まれの「黄金世代」と称される選手の優勝は5人目で、7回目(※)。女子ゴルフの世代交代が色濃くなってきている。

小祝は2017年のプロテストに合格。今季は前週まで19試合すべてに出場し、6度のトップ10入りを果たしながら、優勝には手が届いていなかった。

また、通算17アンダーは2013年の吉田弓美子、14年の成田美寿々の大会レコードを1打更新した。

通算16アンダー2位にイ・ミニョン(韓国)。三ヶ島かなと成田美寿々が通算9アンダーの3位で終えた。

<主な最終成績>
優勝/-17/小祝さくら
2/-16/イ・ミニョン
3T/-10/三ヶ島かな、成田美寿々
5T/-9/小橋絵利子、穴井詩、上田桃子、木戸愛
9T/-8/菊地絵理香、柏原明日架、酒井美紀、青木瀬令奈

(※)
河本結(アクサレディス)
勝みなみ(パナソニックレディース、中京テレビ・ブリヂストンレディス)
渋野日向子(ワールドレディスサロンパス杯、資生堂アネッサレディス)
原英莉花(リゾートトラストレディス)
小祝さくら(サマンサタバサレディース)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事