ここから本文です

【RISE】那須川天心が難敵スアキムにTKO勝利、志朗との日本人対決へ

7/21(日) 19:45配信

イーファイト

RISEクリエーション
「RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA」
2019年7月21日(日) エディオンアリーナ大阪・第1競技場

【フォト】那須川の胴回し回転蹴りでスアキムが額をカット

▼メインイベント(第12試合)RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament(Aブロック)準決勝 3分3R延長1R
○那須川天心(日本/TARGET/Cygames/初代RISE世界フェザー級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者)
TKO 3R1分13秒 ※カットによるレフェリーストップ
●スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ/PKセンチャイムエタイジム/ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者)

 今年3月に那須川はフェデリコ・ローマ(アルゼンチン)を、スアキムはタリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル)を破って準決勝へ進出。両者は2018年2月にKNOCK OUTにおいて対戦。那須川が判定で勝利を収めたものの、試合後に「マジ強かった」と驚嘆するほどの激戦だった。前日の会見では那須川が「一発ももらわないくらいの試合がしたい」と宣言すれば、スアキムも「準備はできている」と返し、両者完全決着に向けて自信をのぞかせていた。

 セミファイナルでは志朗(BeWELLキックボクシングジム)がルンキット・ウォーサンプラパイ(タイ)を延長判定で下し一足先に決勝進出を決めた。那須川は戦前の約束通りの日本人対決を実現できるか。

 スアキムはオーソドックスからの右ミドル、那須川はサウスポーからの右ジャブ、左ローを放つ。立ち止まってパンチ・キックを交換する中で両者ともクリーンヒットを許さない。那須川がスピードを乗せた左ストレート、左ハイキックを浅くヒットさせると、スアキムも連打の中で右アッパーをかすめる。試合が動き始めたのは2R、那須川が左ボディストレートをヒットさせ始めると、上下に散らす攻撃もスアキムをとらえ始める。スアキムはプレッシャーを強め前進しながらパンチを繰り出すが、那須川は上体を柔らかく使い空転させる。

 全力を誓い合うような抱擁で始まった第3R、両者足を止めて打ち合う中で那須川が繰り出した胴回し回転蹴りがスアキムの額上部にヒットし、まさかのカット。とめどなく流れる鮮血にリングドクターは続行不能を宣言。那須川が公約通りのTKO勝利を収め、志朗が待つ日本人同士の決勝へ駒を進めた。

 難敵スアキムとのリターンマッチに勝利を収め、トーナメント決勝へ進出した那須川はスアキムを「前回よりも圧力があって強かった」と、自分同様に進化を遂げていたと評価。「いろいろ試そうと思った」という中で、何発かヒットをもらってしまったことを明かし、「スアキム選手、もう一回やりましょう」と3度目の対決を呼び掛けた。

 58kg級、61kg級どちらの階級も日本人対決となったことに触れた那須川は「これは本当に日本人を勝たせるためのトーナメントではなかった」と、真の強豪を集めたトーナメントであったことを改めて説明。その上で日本人が残った決勝が行われる9月に向けて「世界一を目指す」と強い言葉でコメントを残した。

最終更新:7/21(日) 19:45
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事