ここから本文です

カワサキ、MXレーサー KX250 をフルモデルチェンジ 新エンジン搭載で戦闘力アップ

7/21(日) 13:30配信

レスポンス

カワサキモータースジャパンは、市販4ストロークモトクロッサー『KX250』をフルモデルチェンジし、2020年モデルとして、8月1日より発売する。

[関連写真]

KX250は、最高出力を従来比約3.3ps高めた249cc水冷4ストローク新型エンジンの搭載により、モトクロスレースにて高いパフォーマンスを発揮する。新型エンジンは、KXシリーズの最上位機種『KX450』と同様、バルブ駆動方式にフィンガーフォロワーロッカーアームを採用したことや、ボア・ストローク比を変更し大径の吸気バルブを採用したことなどにより、高回転域におけるパフォーマンスと出力が向上している。

車体には、剛性バランスを最適化したアルミニウム製ペリメターフレームや、大径コイルスプリングフロントフォークを新たに採用し、衝撃吸収性の向上や滑らかな動きを実現。また、リアブレーキディスクの大径化により、より強力な制動力を発揮する。

価格は79万3800円。

またカワサキモータースジャパンは、そのほかのモトクロス専用モデル『KX450』『KX100』『KX85-II』『KX85』『KLX110L』についても、カラー&グラフィックを変更し、2020年モデルとして8月1日(KLX110Lは10月1日)より発売する。

価格はKX450が99万3600円、KX100が40万5000円、KX85-IIが38万3400円、KX85が37万2600円、KLX110Lが27万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/21(日) 13:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事