ここから本文です

【シュートボクシング】田川女神、MISAKIにKO勝ちし新王座に

7/21(日) 23:14配信

イーファイト

シュートボクシング協会
『Girls S-cup 2019』
2019年7月21日(日)東京・浅草花やしき 浅草花劇場

【フォト】勝利しベルトを巻いた田川女神と妹の愛心

▼セミファイナル SB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長無制限R
●MISAKI(23=グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級1位)
TKO 2R 1分23秒 ※セコンドからタオル投入
〇田川女神(16=TIA辻道場)

 MIOが返上したSB日本女子ミニマム級王座を懸けて行われる4人制ワンデートーナメントの決勝に進んだのは、SB日本女子ミニマム級1位のMISAKI(グラップリングシュートボクサーズ)と、本日の第2試合、トーナメント準決勝でプロデビュー&初勝利を果たしたばかりの田川女神(TIA辻道場)。

 1R、MISAKIは田川とのリーチ差を封じようと積極的に前進して間合いを潰す。組みついて投げようとするMISAKIに対し、田川はヒザ蹴りで対抗。MISAKIのボディにじわじわと効いている様子。

 2R、田川の素早いパンチでMISAKIがダウンを奪われる。さらに顔面へ上段前蹴りがヒットし、MISAKIが2度目のダウン。後がないMISAKIは組みついて投げようとするも、離れ際に田川の前蹴りを顔面に浴びせられてダウンし、セコンドからタオル投入。MISAKIはトレーナーに抱きかかえられて退場。2R1分23秒KOで田川が勝利し、デビュー戦でベルトを獲得する快挙を成し遂げた。

 新王者となった田川は「シーザー会長、まだ弱いのにこんな大きな大会に出していただいてありがとうございます。もっとカッコよく上を目指して頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」と、うれし涙を滲ませた。

最終更新:7/22(月) 3:47
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事