ここから本文です

松本人志「このままじゃ吉本はだめ」、東野幸治「いつからそんなに(吉本は)偉そうになったのか」と涙 岡本社長もVTR出演のワイドナショー緊急生放送を詳細レポート

7/21(日) 13:49配信

ねとらぼ

 事務所を介さない直営業=「闇営業」の問題で「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと謹慎中のお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが7月20日に会見を開いたことについて7月21日、フジテレビ系で放送予定だった「ワイドナショー」が異例の緊急生放送に差し替えられました。松本人志さんと東野幸治さんが目に涙を浮かべ、率直な今の心境を語った他、騒動への対応で物議をかもしている岡本昭彦社長が番組にVTR出演し、陳謝しました。

【画像で見る:ワイドナ緊急生放送】

東野さん、松本さん、冒頭で陳謝

 同番組でコメンテーターを務める松本人志さんと司会を務める東野幸治さんは冒頭、放送予定だった収録内容が宮迫さん、亮さんの会見内容に沿わないものだったことから緊急生放送に至ったと説明。東野さんは「われわれもつらいところ」「関係者の皆さんにも本当に迷惑をおかけして、本当に申し訳ないと思っています」と頭を下げました。

 また松本さんも「うちの浜田が本当にもう……」とおなじみのネタを盛り込みつつ申し訳ない気持ちを述べたほか、「大阪での仕事の合間に会見を見た」「思っていたよりなかなかハードというか。無視できないと思った」と生放送へ臨む心境を語りました。

 松本さん、東野さんは番組中、宮迫さんと亮さんの会見VTRを険しい表情で見守り、松本さんは「このままじゃ吉本はだめ」、東野さんは「吉本側の反論もまだ聞いていないのでなんとも言えないが、あんなにおごり高ぶった言い方で……。いつからそんなに(吉本は)偉そうになったのか」と見解を述べました。

松本さん、フライデー報道初期の宮迫さんとのやりとり明かす

 松本さんは、「最初のフライデーが出たときに宮迫に連絡したが、金はもらっていないと言っていた。あの動画(闇営業と言われた動画)を見たときにノーギャラとは思えないと話した」と言い、「誰もお金をもらっていないというのは世間の人たちは絶対に納得しないから、そこは認めないと(相手が)反社だと知らなかったということすら疑われてしまうよ」と宮迫さんに語ったと言いますが納得してもらえず、「あんまり僕がこれ以上首を突っ込んでもややこしくなるなと思った」「宮迫と1カ月連絡を取らず、公平な感じで見守っておこうと思っていた。その間、会社からの状況報告を受けていたが、『分かった』『そうか』とだけ聞いていた」と振り返りました。

 会見については「僕の知らなかった事実がやっぱりあまりにも多すぎて。これは俺もだまされていたというような気になって。このままじゃ吉本は絶対良くない。でも会見を見たからといって、急に手のひらを反すように宮迫と亮のやったことを、『悪から善に』とは僕は思っていない」「発端は彼らかもしれないけれども、ここまで追い込んだ、信頼関係がなくなってしまった会社は絶対に良くないし、『吉本興業がこのままじゃ壊れていく、つぶれていく』と危機感を持った」「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」と語りました。

1/5ページ

最終更新:7/21(日) 15:17
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事