ここから本文です

勝因は「沖縄問題を訴える姿勢」 当選の無所属新人・高良鉄美氏一問一答  参院選沖縄選挙区

7/21(日) 23:04配信

琉球新報

 任期満了に伴う第25回参院選は21日、投開票が行われ、4人の候補者が1議席を争った沖縄選挙区は「オール沖縄」勢力が支援する無所属新人で琉球大名誉教授の高良鉄美氏(65)が初当選した。当選した高良氏の一問一答は以下の通り。

 ―勝因は何か。
 「沖縄の問題を訴える姿勢だ。沖縄の問題は抵抗ではなく、沖縄が言ってることが本来の道ということを改めて感じた。それをまた訴えていく」
 
 ―手応えは感じていたか。
 「沖縄のために頑張ってほしいという声があった。その声を背景に、これからも沖縄の歴史と文化の在り方をしっかり届けていきたい。全国的な問題として、民主主義の問題、憲法の問題があるが、沖縄の問題とも直結する」
 
 ―辺野古の工事が進んでいるが具体的にどう止めるのか。
 「工事の問題は適正な手続きではないことをまず知ってもらいたい。日本の国内で多くの問題がある中、子どもの貧困や福祉、年金の問題がありながら土砂を投入し、いくらかかるか分からない税金を投入して(工事を)行う必要があるのか。国民全体の問題として、税金を納める主権者の問題として、どちらを取るのか、しっかり話をしていきたい。その意味での止め方がある」

琉球新報社

最終更新:7/22(月) 2:38
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事