ここから本文です

「クトゥルーの呼び声」「死霊の盆踊り」など“怪談”集めた特集上映

7/21(日) 22:01配信

映画ナタリー

特集上映「カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~」が、8月9日から11日にかけて東京・新文芸坐にて開催される。

【写真】「ハイ・スクール・ウルフ」(メディアギャラリー他31件)

世界中のホラー映画を集めたこの企画。怪奇小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの生み出したクトゥルフ神話にまつわる“クトゥルー怪談”では、「クトゥルーの呼び声」「宇宙からの色」などがスクリーンにかけられ、3月に死去したラリー・コーエンを追悼する“米国怪談”では、「おばあちゃんは魔女」「ハイ・スクール・ウルフ」が日本初劇場上映される。

オールナイト興行となる“亜細亜怪談”では、インドの女神を題材にした「アマン」、仲代達矢も出演した香港映画「妖獣都市 香港魔界篇」などを上映。そして“日本怪談”では、丹波哲郎が自身の著書を映画化した「丹波哲郎の大霊界」シリーズ2作や、32年ぶりの日本上映となる「死霊の盆踊り」をデジタルリマスター版でお届けする。また、小説家の菊地秀行と朝松健によるクトゥルー対談や、稲生平太郎と高橋洋による映画の生体解剖トークも。前売りチケットはカナザワ映画祭の公式サイトで販売中だ。

■ カナザワ映画祭 in 新文芸坐 ~大怪談大会~
2019年8月9日(金)~11日(日・祝)東京都 新文芸坐

□ クトゥルー怪談
<上映作品>
「クトゥルーの呼び声」※片岡一郎による活弁上映
「怪談・呪いの霊魂」
「宇宙からの色」
「闇に囁くもの」

□ クトゥルー対談
8月9日(金)18:10~
<登壇者>
菊地秀行 / 朝松健

□ 米国怪談
<上映作品>
「おばあちゃんは魔女」
「ハイ・スクール・ウルフ」
「キング・コーエン」
「神が殺せと云った」

□ 映画の生体解剖トーク
8月10日(土)19:05~
<登壇者>
稲生平太郎 / 高橋洋

□ 亜細亜怪談(オールナイト興行)
<上映作品>
「アマン」※稲生平太郎による上映前トーク付き
「首だけ女の恐怖」
「妖獣都市 香港魔界篇」
「怪屍」

□ 日本怪談
<上映作品>
「丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる」
「丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!」
「地獄(1960年)」
「ゴースト・イン・京都」
「死霊の盆踊り」※江戸木純による上映前トーク付き

1回鑑賞券:前売り券 税込1400円 / 当日券 税込1600円
亜細亜怪談オールナイト:前売り券 税込4000円 / 当日券 税込4500円
全日フリーパス:前売り 税込2万4000円

最終更新:7/21(日) 22:01
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事