ここから本文です

松本FW前田大然がマリティモへ移籍「次に日本に来るときは日の丸を着けて」

7/21(日) 17:56配信

デイリースポーツ

 J1松本は21日、日本代表FW前田大然(21)がポルトガル1部マリティモへの期限付き移籍が決定したことを発表した。移籍期間は20年6月30日まで。

 東京五輪のエース候補でも前田は山梨学院大付高から16年に当時J2の松本入り。17年は水戸に期限付き移籍し、18年から松本に復帰。今季、自身初のJ1でリーグ戦18試合2得点。20日の広島戦(サンアル)でもゴールを決めていた。

 前田はクラブを通じ「2020年の東京オリンピックで日の丸をつけて活躍するには、自分自身もっと成長しなくてはならないと思い海外にチャレンジする決断をしました。J1でのチャレンジの途中でチームを離れるにあたり、チームメイト、監督、コーチ、スタッフをはじめクラブの皆さんに理解していただき、今回の移籍をサポートしてくれたことには感謝しかありません。またサポーターの皆さんには昨日の試合のときに直接ご挨拶ができずに旅立つことになり申し訳ありません。松本山雅はファン・サポーターあってのクラブで、その一員として戦えたこと誇りに思います。ありがとうございました。次に日本に来るときは日の丸を着けて、ピッチで躍動してる姿を見せられるよう、しっかりポルトガルで結果を出してきます。本当にありがとうございました」とあいさつした。

最終更新:7/21(日) 18:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事