ここから本文です

広島・九里が8回1失点 対巨人3タテに貢献「しっかり一人一人と思って」

7/21(日) 23:12配信

デイリースポーツ

 「広島2-1巨人」(21日、マツダスタジアム)

 広島・九里亜蓮投手が5勝目こそお預けとなったが、8回6安打1失点と好投した。

 初回から直球に多彩な変化球を織り交ぜ、失点は1-0の三回1死三塁から丸に許した中犠飛のみ。「しっかり一人一人と思ってマウンドに上がっていた。結果、(長い回を)投げられて良かった」とうなずいた。

 佐々岡投手コーチは「粘り強く試合を作ってくれたので良かった」と評価した。

最終更新:7/21(日) 23:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事