ここから本文です

『仮面ライダージオウ』奥野壮×押田岳×渡邊圭祐が本音トーク 1年の集大成は「僕らが笑顔なら観てくれている人も笑顔になる」【後編】

7/21(日) 11:00配信

オリコン

 テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)。平成仮面ライダー最終作として、レジェンドキャストも登場し話題をさらっている。その劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』が7月26日に公開される。ORICON NEWSでは、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウの奥野壮(18)、明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツの押田岳(22)、ウォズ/仮面ライダーウォズの渡邊圭祐(25)の鼎(てい)談を実施。後編では3人の関係性やこれからの『仮面ライダージオウ』などについて語った。

【画像】奥野×押田×渡邊が仲良しトーク

■ウォズの決めせりふ「祝え!」と感想は?

 平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つソウゴは、未来からやってきたゲイツ、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズとの出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。

 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けている。今回の劇場版は“真の最終回”というべき内容となっている。

――撮影を終えて、ご飯に行ったりは

奥野:たまに行きますね。

押田:1回、うちで鍋やりましたね。

奥野:撮影終わりに急に圭祐さんが「くだものを食べたい」って言い出したんです。俺も食べたくて、一緒にスーパーに行ったんです。そしたら今度は「鍋たべたいなぁ」って。

渡邊:鍋の素があって(笑)。そういえば、岳が休みでヒマしてるって言ってたなって。

奥野:それで、よし電話しようって。

押田:電話、すぐに出ました。でも、もう2人の中では、やるのが決まってたみたいです(笑)。

――これまで多くのレジェンドキャストが出演しています。印象に残っているのは

奥野:僕は『仮面ライダービルド』の犬飼貴丈さん(桐生戦兎/仮面ライダービルド)、赤楚衛二さん(万丈龍我/仮面ライダークローズ)ですかね。自分たちにとって一番、身近な先輩で、近い存在。何も分からないまま、一緒に撮影していたんですけど、変身シーンで2人がぴったり揃っていて、すごくかっこよかった。『こうなりたいな』と憧れの眼差しで見ていました。

押田:事務所にヒーローを演じられた先輩がいっぱいいる。その先輩たちと共演したのが印象深いです。事務所に入ったときから、面倒を見てくださった方に僕らの作品に出ていただけて、一緒にお芝居できた。カメラに撮ってもらえたのは思い出です。『仮面ライダーカブト』の佐藤祐基さん(加賀美新/仮面ライダーガタック)には『もっと視点を広げてお芝居をした方がいい』とアドバイスをいただきました。

 あとは一緒のシーンではなかったんですが『仮面ライダー鎧武』の佐野岳さん(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武)がウォッチを壮に渡すときに「俺たちにとっては、これが卒業式だから」と言っていたのを後から聞いた。僕がもらう場合もあるので先輩の思いを19人分、受け継がなきゃいけないんだなという思いを強くしました。

渡邊:1話から「祝え」をやってきました。最近、ようやくレジェンドの方のせりふに「毎回、アレやってるの」とかが入ってきんですが、その前は唯一、井上正大さんが演じた門矢士(仮面ライダーディケイド)が直接、言ってきたんです。あれでようやく存在意義がわかりました。「みんなにも見えるんだ」と思ったシーンで印象深いですね(笑)

――最初に「祝え」を見た感想は

奥野:いい声だなぁ、と(笑)。

押田:このキャラ、最後までいるのかなって思いました。

渡邊:最後までいれてよかった(笑)。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 9:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事