ここから本文です

宇治山田商、菰野など16強 夏の高校野球三重大会

7/21(日) 11:00配信

伊勢新聞

 第101回全国高校野球選手権三重大会は20日、松阪球場など3球場で2回戦8試合があり、宇治山田商、菰野、三重、津田学園、いなべ総合、木本、白子、暁がベスト16入りした。21日は2回戦残り8試合がある。

 昨年秋の県大会準優勝の第4シード三重は昨年夏の覇者、白山を11―3の七回コールドで破って3回戦進出。1回に1点を先制されるとその裏逆転。六回の3番土井拓海のソロ本塁打など14安打11打点の猛攻で2回戦を突破した。

 昨年秋の県大会優勝の第1シード菰野、今年春の県大会優勝の第2シード津田学園は2回戦から登場した。菰野は6―0で四日市南を下し主戦右腕岡林勇希ら4投手が無失点リレー。

 津田学園は4番前川夏輝の2本塁打を含む10安打8打点で四日市中央工を8―0の七回コールドで退けた。

きのうの試合
【20日】
▽2回戦
○…津球場…○
宇治山田商8―3宇治山田
菰野6―0四日市南
○…松阪球場…○
三重11―3白山
(7回コールド)
津田学園8―0四日市中央工
(7回コールド)
いなべ総合9―5四日市工
○…伊勢球場…○
木本6―5久居農林
白子3―2伊賀白鳳
暁5―1近大高専

きょうの試合
【21日】
○…津球場…○
①津工―四日市商
②海星―朝明
○…松阪球場…○
①伊勢工―松阪
②四日市―名張
③久居―相可
○…伊勢球場…○
①桑名西―伊勢
②川越―皇學館
③桑名北―名張青峰
(試合開始予定時刻は①午前9時②同11時半③午後2時)

伊勢新聞

最終更新:7/21(日) 11:00
伊勢新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事