ここから本文です

九州北部・中国地方で激しい雨 数時間降り続くおそれ 大雨警戒

7/21(日) 4:49配信

ウェザーニュース

 記録的な大雨となっていた長崎県の五島列島や対馬では雨のピークを越えたものの、昨日20日(土)夕方以降は九州本土や中国地方に活発な雨雲がかかり、激しい雨の降っている所があります。

 今日21日(日)も九州や中国地方では強い雨が降り、所によっては激しい雨が数時間降り続き大雨となるおそれもあります。低地の浸水や河川の増水・氾濫、土砂災害等に警戒してください。

九州北部や山口・広島に活発な雨雲が停滞

 今日21日(日)の早朝には、発達した雨雲の帯が九州北部や山口県・広島県周辺に停滞しています。

 活発な雨雲のもとでは雷を伴って激しい雨が降っていて、佐賀市の佐賀空港では1時間に54.5mmの非常に激しい雨を観測しました。

 地形や風向き次第では線状降水帯が発生する可能性もあり、数時間にわたって局地的に激しい雨が降り続けて、災害級の大雨となるおそれもあります。低地の浸水や河川の増水・氾濫、土砂災害等の危険性が高まります。雨雲レーダーなどで雨雲の動向に注意し、早めに安全な場所へ避難するようにしてください。

ウェザーニュース

最終更新:7/21(日) 4:49
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事