ここから本文です

高校野球福井大会、準々決勝で早くも昨夏の決勝カード

7/21(日) 8:34配信

福井新聞ONLINE

 第101回全国高校野球選手権福井大会の第5日は7月21日、福井県福井市の福井県営球場で準々決勝2試合を行い、ベスト4の2校が決まる。第1シード福井工大福井、第2シード敦賀気比に北陸と若狭が準決勝進出を懸け激突する。

⇒高校野球福井大会トーナメント表

 第1試合は福井工大福井―北陸。福井工大福井は2回戦、打力を発揮し福井高専を8―0の七回コールドで破った。投手陣も反撃を許さず、高木、市川、垣外内で零封リレーを見せた。

 北陸は1回戦、打線が爆発した。2本塁打を含む11安打で高志を破り勢いに乗ると、2回戦では12安打8得点。この夏初登板の山田も好投し鯖江を下した。

 第2試合は若狭―敦賀気比。若狭は1回戦、11得点で羽水を圧倒した。2回戦では「ライバル」美方のエースを打ち崩し8強入りを果たした。敦賀気比は昨夏の県大会決勝で敗れた相手。今夏こそ雪辱を果たし、4強に駒を進めたい。

 一方の敦賀気比は2回戦、坂井との接戦を6―4で制した。打線がつながり2度逆転、勝負強さを見せつけた。2年連続の夏の大舞台へ勢いに乗っている。

■7月21日の試合

▼2回戦

【福井県営】
第1試合 福井工大福井―北陸(午前10時)
第2試合 若狭―敦賀気比(午後0時半)

福井新聞社

最終更新:7/21(日) 10:32
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事