ここから本文です

極私的・NBAプレーヤー八村塁に履いて欲しいナイキの一足

7/21(日) 9:23配信

LEON.JP

日本人初のNBAドラフト入りを成し遂げたバスケットボールプレイヤー八村塁。そんな八村選手に(個人的に)履いてほしいスニーカーを選んでみました!

八村選手が成し遂げた、もうひとつの「日本人初」の快挙

こんにちは、LEON.JPの平井です。

ついに日本人初のNBAドラフト入り選手が誕生しましたね。その名も八村塁。皆さんも連日のニュースでご覧になっているのではないでしょうか。

そんな八村選手ですが、実は「日本人初」の快挙をもう一つ成し遂げているのをご存知でしたでしょうか? それは、日本人アスリートとして初めての「ジョーダン・ブランド」との契約です。

「ジョーダン・ブランド」とは、バスケットボールの神様「マイケル・ジョーダン」の名前を冠したナイキ発のブランドで、これまでにNBAでも名だたる選手が契約をしてきました。レイ・アレン、カーメロ・アンソニー、ラッセル・ウェストブルック、クリス・ポール、ブレイク・グリフィン、ジェイソン・テイタムなどなど。いずれもNBAトップクラスのスタープレイヤーたちで、そんな中に八村選手の名前が加わるというのですから、その注目度は世界的と言っても過言ではありません。

また、八村選手と言えばベナン人の父と日本人の母を持ち、故郷・富山をこよなく愛していることでもよく知られています。八村選手は日本人であることはもちろん、父から受け継いだベナンのルーツにも誇りを持っており、NBAドラフト指名の瞬間には、ベナンと日本のモチーフが裏地に半分ずつ描かれたジャケットを着て登壇をしました。

さて、そんな自身の持つ2つのルーツを大事にする八村選手ですが、ここではそんな八村選手に「極私的」に履いて欲しいスニーカーをご紹介したいと思います。

それがこちら、ナイキ「AJF6(エア・ジョーダン フュージョン6)」です。

こちらは2009年に発売されたモデルで、大ヒットモデル「エア・ジョーダン6」と永遠の定番「エア・フォース1」をまさしく融合(フュージョン)させたもの。基本的なアッパーのつくりは「エア・フォース1」のミッドカットモデルとしながらも、「エア・ジョーダン6」の特徴であるシュータンやヒールデザインなどを上手く掛け合わせたデザインとなっています。

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 9:23
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事