ここから本文です

19年上半期の訪マカオ旅客数2028万人…前年同期比20%増=中国本土旅客が7割超

7/21(日) 12:52配信

マカオ新聞

 マカオ治安警察局は7月21日、今年上半期(2019年1~6月)の出入境統計を公表。総出入境者数は前年同期から12.3%増となる9671万人(延べ、以下同)に上った。

 イミグレーション施設別では、マカオ半島北部にある広東省珠海市拱北地区との陸路の主要玄関口にあたる關閘(ボーダーゲート)経由が8.9%増の7096万人、昨年10月の開通以来、旅客増が続く港珠澳大橋のマカオ側イミグレーション経由が718万人、香港や広東省沿岸主要都市との海路の玄関口にあたる外港フェリーターミナルとタイパフェリーターミナルは港珠澳大橋の開通による旅客の陸路シフトによりそれぞれ29.4%、26.5%の大幅減、空の玄関口にあたるマカオ国際空港は17.7%増の443万人、コタイ地区にある珠海市の横琴島(横琴新区)との陸路の玄関口にあたる蓮花口岸(コタイイミグレーション)は前年並みの470万人だった。

 また、今年上半期の訪マカオ旅客数(インバウンド)は20.6%の大幅増となる2028万人。中国本土旅客が全体の7割超、香港旅客が18.2%、台湾旅客が2.6%を占めた。中華圏以外の国際旅客は9.8%増の174万人で、トップ10は、45万人超を記録した韓国を筆頭に、フィリピン、日本、マレーシア、インドネシア、米国、タイ、インド、シンガポール、ベトナムの順。

最終更新:7/21(日) 12:52
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事