ここから本文です

「アポロ11号」着陸から50年、日本人はいつ月に立つのか

7/21(日) 9:24配信

ニュースイッチ

月に魅せられる人類。各国の探査計画、再び活発化

  「あいつら月に行きやがった」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の的川泰宣名誉教授は50年前をこう振り返る。1969年7月21日(日本時間)、米国のアポロ計画で人類が月に着陸し、そして今再び世界中が月探査に向け動き始めた。米国は2024年にも宇宙飛行士を月面に着陸させる「アルテミス計画」を発表。その動きを各国は敏感に察知し国際探査に向けた準備を進める。日本人宇宙飛行士が月に着陸する瞬間を我々は見られるのだろうか。

「米ソ開発競争」経て…

 70年代に米国はアポロ計画で宇宙飛行士を定期的に月に送り、「月の石」と呼ばれる月の試料を採取した。月の石の分析で多くの科学的知見が得られたという。的川JAXA名誉教授は「分析によって、地球に巨大な天体がぶつかり分裂して月になったという説が新たに持ち上がった」と当時の月探査の科学的意義を強調する。

 20世紀に入るとロケット技術の急速な進歩で、米国と旧ソ連との間で宇宙開発競争が激化。その一環で米国のアポロ計画は進み、人類は69年7月に月に降り立った。JAXA国際宇宙探査センターの佐々木宏センター長は「アポロ計画は旧ソ連との競争の中で生まれ、月に行って帰って来ることが主なミッション。科学的にも月全体ではなく、局所的にしか探査できていなかった」と話す。

 それから半世紀。各国による月面探査が再び活発化している。米国は24年に運用が終了する国際宇宙ステーション(ISS)に続き、月を周回する月近傍有人拠点「ゲートウェー」の整備を進めている。

 将来の火星有人探査に向けた中継地点と位置付けられている。当初、米航空宇宙局(NASA)は22年から同拠点の建設を始め、26年頃の完成を目指すとしていた。アルテミス計画ではゲートウェーから月面に宇宙飛行士を着陸させることを想定し、ゲートウェーの完成も24年より前倒しになるのではないかと見られている。

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 9:24
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事