ここから本文です

保険証券を紛失してしまった!!どんな影響があるの?

7/21(日) 8:30配信

Sodan[ソダン]

数年前に加入した医療保険。そういえば加入後に送られてきた「保険証券」はどこにしまったのかな?これってどんな時に必要になるの?今すぐ再発行した方が良いのかしら?今回は、保険証券を紛失してしまった時に気になる対応方法についてご紹介します。

■保険証券って何だろう?

保険証券とは、申し込みをした保険商品が契約成立したことを証明する書類です。たとえば生命保険の契約のフローは、「契約申し込み」⇒「保険会社の診査」⇒「契約成立」⇒「保険証券送付」となっています。契約しても診査次第では加入ができないことがあります。つまり「申込」=「契約成立」ではありません。

そのため、皆さんが「申し込みをした保険商品が無事成立しているのか?」を確認する術を用意する必要がありますよね。保険証券には、保険契約のIDとなる「証券番号」だけでなく、「契約者や被保険者の個人情報」、「保障内容」や「保障期間(有効期限)」、「保険料」、「保険金の受取人」などが記載されています。少なくとも保障期間中は、しっかり保管しておきましょう。

保険会社や代理店によっては、契約時に保管用グッズをくれることもあります。そういった保管グッズを利用して、保険関連の書類は1つにまとめておくと良いでしょう。なお、保険証券を紛失してしまった場合、再発行してもらうことができます。

■保険証券を紛失した場合、どんな影響があるの?

保険証券は、どんな時に必要になるのでしょうか。

基本的には保険請求の際に提出する書類です。また、結婚などによる「姓名変更」や減額処理などで「保険内容が変更」となった場合も提出を求められます。

では、保険請求時に証券を紛失しまった場合はどのようになるのでしょうか?

保険会社にもよりますが、証券がなくても「印鑑証明」など別の書類を添付することで、請求処理を進めることができます。そのため、保険証券が無いと請求などができないというわけではありません。しかしながら、必ず再発行をして手元に用意をしておくことをお勧めします。保険金や給付金を受け取るためには、契約者などが直接保険会社へ「請求」をする必要があります。逆に言うと、請求をしないと保険金や給付金を受け取る事はできません。

きちんと説明を受けて加入した保険商品も、加入してから何年か経つと保険に加入していたこと自体を忘れてしまうかもしれません。特に複数の保険会社の商品に加入している場合は、要注意です。どこか1つに請求すれば、保険会社間で請求内容を共有してくれることはありません。1社ずつすべての保険会社に請求する必要があります。

複数の保険会社に加入している状況で、一社分だけ保険証券を紛失してしまっていたらいかがでしょうか。うっかり請求をするのを忘れてしまう方がいてもおかしくありませんよね。保険証券を手元に置いておくことで、保険請求の漏れを防ぎ、ご自身が何の保険に加入しているのかを把握することができます。

また生命保険など、ご自身がが死亡してしまった場合、保険請求時に利用する保険にも注意が必要です。生命保険はご自身が死亡してしまっている状況ですので、ご自身以外の方(ご家族など)が請求することになります。

当然、皆さんがどんな保険に加入しているのか?を周囲の方が完全に把握していることは難しいかと思います。そんな時に保険証券の存在が、請求時の大きな頼りとなるのです。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 8:30
Sodan[ソダン]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事