ここから本文です

立ち呑みもテーブルもOK! 豊富な貝料理×なみなみワインにお酒好きモデルもご満悦

7/21(日) 11:03配信

食べログマガジン

豊富な選択肢に悩んだ末、店長からの「うちのは特別ですよ」の一声で頼んだのは「ポテトサラダ」480円。

貝から出た旨味たっぷりのエキスに、白ワイン、クリームをプラスすることで風味が一段とアップ。海の香りを纏ったほくほくのおじゃがは、白ワインにぴったり。定番だからこそ、新たな表情を魅せられるとドキッとしてしまいますね。

「気まぐれで限定メニューを作っているんです。今回のもなかなか好評なんですよ」と、おすすめされたのは「キッシュ」400円。

なかなか攻めてますね。

貝の旨汁がたっぷり、酒呑みのためにアレンジされたお手製キッシュは、あれよあれよとお酒が進むから不思議。可愛い見た目に反して、なかなかの風格です。

そしていよいよやってきましたよ、貝呑名物「活貝の蒸し焼きソテー」1020円。

同じメニューでも、組み合わせ方で楽しみは無限大。貝の種類(この日は、アサリ・ムール貝・小ハマグリ)と、ソースのフレーバーや個数も選べるので、少しずつ違う貝や風味を味わうのもよさそうですね。

今回は定番、万人に愛される焦がしバターで。この文字面だけで、すでに涎が出そうです……。

香ばしさを放つシェルマウンテン。ぷりっと弾け、じゅわっと広がる贅沢な海のエキスにメロメロです。

豪快な風貌で現れた今宵のメインディッシュは、「アクアパッツア」1080円。ドンと横たわる本日の魚は、イサキです。

まるっと一尾を焼き上げることによって仕上がる、ふわふわの身。そこから溢れでる、汁の旨味。魚本来の持ち味と貝の風味が溶け合い、お口の中はおいしいの大洪水で大変です。

この贅沢が野口さん一枚(プラス消費税)で引き換えられるのか……。(ありがとうございます)

そしてシメは、「これを食べるためだけに来たい!」と渇望するファンも多いという「リゾット」で。こちらは「活貝の蒸し焼きソテー」の追加オプションとして、プラス300円で、残った貝汁が魅惑的なリゾットに大変身するのです。

あぁ、なんだこれは。すでにバチバチに仕上がった貝汁に、絡めたソース、米。美味しくないはずがない、というかずるいほどにおいしい! 多くのお客さんのハートを掴むのも納得です。

新鮮な海の幸を、近しい距離感で体感できる場所。神田で海鮮が恋しくなったらまた来よう。ご馳走様でした。

※価格はすべて税抜、仕入れ状況により若干の変動の可能性あり

文:村田倫子

2/2ページ

最終更新:7/21(日) 11:03
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事