ここから本文です

新型コルベットはミドシップで登場! さらに右ハンドルも

7/21(日) 12:08配信

MOTA

コルベットに初の右ハンドルモデルが登場

GMが展開するシボレーは2019年7月18日に、同社を代表するスーパーカー「新型コルベット・スティングレイ」を米国で発表した。今回始めて右ハンドルも追加され、日本市場にも導入予定だ。

スティングレイのエンブレムをその目で確認せよ!

スティングレイの名前が復活!

新型コルベットは、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、このモデルで8代目となる。さらに1976年まで使用していたサブネーム「スティングレイ」の名称が復活するなど、ファンにとってはたまらない内容だ。

コルベット初のミドシップエンジン搭載

一番のトピックは、今までフロントに積んでいたエンジンをミドシップ(車体中央)に搭載したということだ。これはシボレー、そしてコルベットとしても初のチャレンジである

史上最強スペックで登場!

気になるスペックは直噴6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。ドライサンプオイル潤滑システムや気筒休止システムを採用した。さらに、パフォーマンスエグゾースト装着車の場合、最大出力は495hp/6450rpm、最大トルクは65kgm/5150rpmを発揮する。このエンジンと組み合わせるトランスミッションは8速のデュアルクラッチで、車両総重量は1530kgとかなり軽量だ。0-96km/h加速は3秒を切り、コルベットのエントリーモデルとしては史上もっとも早いという。

フロントはブレンボ製ブレーキが標準

ベースモデルはフロントのみブレンボ製ブレーキとなる。Z51パフォーマンスパッケージを選べば、前後ともにブレンボ製となるうえ、大型ローターが装備される。タイヤはミシュラン パイロットスポーツでサイズはフロントが245/35ZR19、リヤが305/30ZR20となる。

新型コルベットのデザインモチーフは戦闘機だ!

新型コルベットのデザインは戦闘機の「F22」や「F35」をモチーフとしている。ボディサイズは全長×全幅×全高=4630×1934×1234mmでホイールベースは2722mmだ。
コルベットとして初めて薄型LEDヘッドライトを採用したほか、テールランプには流行りのアニメーションターンシグナルランプを搭載している。
さらにボディサイドには、エンジン冷却とエアロダイナミクス性能を高める大型のエアインテークが装備される。

最終更新:7/21(日) 12:08
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事