ここから本文です

【函館4R】ソルドラードが初勝利!兄弟にダービー馬レイデオロ

7/21(日) 12:37配信

競馬のおはなし

直線独走の8馬身差

 21日、函館競馬場で行われた4R・3歳未勝利(芝1800m)で1番人気、C.ルメール騎乗、ソルドラード(牡3・美浦・藤沢和雄)が快勝した。8馬身差の2着にサトノダイナスティ(牡3・美浦・萩原清)、3着にケンブリッジウルス(牡3・栗東・大根田裕之)が入った。勝ちタイムは1:47.7(良)。

 2番人気で亀田温心騎乗、スリーカナロアー(牡3・栗東・南井克巳)は、4着敗退。

 昨年8月のデビューから4戦目、長期休養も挟んだダービー馬の弟ソルドラードがようやく初勝利を飾り、未勝利を脱出した。スタートで出負けするも外目を上がって先行し、直線入り口で先頭へ。そのままあっという間に突き放して終わってみれば8馬身差で大勝。ダービー馬の弟がようやく本格化の兆しを見せた。

ソルドラード 4戦1勝
(牡3・美浦・藤沢和雄)
父:ロードカナロア
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

最終更新:7/21(日) 12:37
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事