ここから本文です

【ラグビー】南アの新鋭SHが鮮烈デビュー! 南半球4か国対抗開幕戦で豪州に快勝

7/21(日) 9:55配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 前回のワールドカップでトップ4を独占した南半球の強豪4か国による「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」が7月20日に開幕し、ジョハネスバーグのエミレーツエアラインパークでおこなわれたオープニングゲームでは、ホームチームの南アフリカ代表が35-17でオーストラリア代表に快勝した。

 ワールドカップ2019日本大会の開幕まで2か月となり、選手にとっては大舞台のスコッド入りへアピールの場ともなるこの大会。南アは、23歳のSHハーシェル・ヤンキースが背番号9をつけて鮮烈デビューを果たし、2トライを含む活躍でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

 南アは前半11分、NO8フランソワ・ロウがブレイクダウンでターンオーバーしたあと、クイックハンズでボールを回し、WTBシブシソ・ンコシがタッチライン際を駆け上がり大きくゲイン、サポートについていた身長167センチのSHヤンキースがパスをもらってゴールに持ち込み、先制でチームに勢いをつけた。

 24分にはFLピーター=ステフ・デュトイが抜けてチップキックを放ち、チェイスしたSHヤンキースがボールを手にゴール目前まで迫り、その後はFWがパワープレー、LOルード・デヤハーがゴールライン上に押さえた。

 一方、18分にチャンスを作りながらスローフォワードでトライを逃していたオーストラリアだが、29分に敵陣深くに入ると、パワフルランナーのCTBサム・ケレヴィが中央にディフェンダーを集め、すばやく右へ展開し、WTBデイン・ハイレットペティがタックラーをかわしてトライを決めた。
 だが、オーストラリアは34分にもキック&チェイスでハイレットペティが連続トライのチャンスだったが、ゴール前でボールを拾い上げられず落球し、これがのちに響いた。

 14-10で折り返し、54分(後半14分)に危険なプレーをしたオーストラリアのPRタニエラ・トゥポウにイエローカードが出て数的有利となった南アは、ゴール前で攻め続けてWTBンコシがトライ。62分には敵陣深くのラックからショートサイドを突いたSHハーシェル・ヤンキースがインゴールに飛び込み、点差を広げた。背番号10のSOエルトン・ヤンキースもプレースキック好調で、着実に加点。

 追うオーストラリアは71分、後半から出場のFBカートリー・ビールがハーフウェイ中央から抜けてSOバーナード・フォーリーのトライを演出したが、最後にゲームを締めくくったのは南アで、試合終了前、新鋭のハーシェル・ヤンキースに刺激を受けたに違いない途中出場のベテランSHコーバス・レイナーが俊敏な動きでトライを決め、南アの快勝となった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事