ここから本文です

23歳ジャリー 決勝進出で初Vへ王手「とても楽しみ」<男子テニス>

7/21(日) 10:44配信

tennis365.net

スウェーデン・オープン

男子テニスのスウェーデン・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)は20日、シングルス準決勝が行われ、第5シードのN・ジャリー(チリ)が世界ランク70位のF・デルボニス(アルゼンチン)を6-3, 6-2のストレートで破り、決勝進出を果たした。

【祖父の記録目指し4強入り】

23歳のジャリーは6本のエースを決めるなどし、ファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得。デルボニスのサービスゲームを3度ブレークし、1時間4分で自身初の決勝進出を果たした。

男子プロテニス協会ATPの公式サイトには、ジャリーのコメントが掲載されている。

「今日の試合はとてもよかった。良いプレーができた。カギとなったのは、ファーストサービスの確率とリターンがうまくいったことだ。序盤は彼(デルボニス)のサービスが非常に強く、僕はチャンスが来るまで待たなければならなかった」

決勝戦では、第6シードのJ・ロンデロ(アルゼンチン)とツアー初優勝をかけて対戦する。ロンデロは準決勝で、世界ランク99位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

ジャリーは「決勝はとても楽しみ。ロンデロは今年好調で、僕らは友達だから。彼はすでに僕がずっとほしいと思っているATPタイトルを獲得している。タフな試合になるだろう。精一杯戦う」と決勝に向け思いを語った。

*本記事の画像に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

最終更新:7/21(日) 10:44
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事