ここから本文です

新緑の夏油にぎわう 飲食販売、体験イベント【岩手】

7/21(日) 9:55配信

岩手日日新聞社

 新緑夏油夏まつり(いで湯までのラインを楽しむ会主催)は20日、北上市和賀町岩崎地内で始まった。好天の下、フード販売やアビリティー体験、ステージイベントが行われ、地元住民と来場者がにぎやかなひとときを過ごしている。21日まで。

 夏油高原いで湯ライン(県道夏油温泉江釣子線)の周知と沿線で活躍している若者たちの交流の場をつくろうと初めて実施。地元農家や移住者らが中心となり、地元ブランド牛・きたかみ牛の大試食会や地元産野菜の直売、バーベキューが楽しめるグルメブースを開設したほか、ストリートSUP、テント泊などの体験アビリティー、ステージイベントを企画した。

 きたかみ牛大試食会では、地元の畜産農家が1日200食限定で提供。約10キロの肉塊を炭火でじっくり焼き、来場者に自慢の味を届けた。家族と訪れた日角心音さん(盛岡スコーレ高1年)は「軟らかくて、肉汁が口の中に広がっておいしい」と笑顔で味わっていた。

 同会の千田淳代表は「いで湯ライン沿線には、地域で頑張る人や宝物がたくさん埋まっている。世代や職種を越えた交流を通じ、まだまだ知られていないものを発掘していけたら」とイベント継続に意欲を見せた。

 会場は夏油古民家カフェ小昼の南向かいにある駐車場。21日は午前9時30分~午後3時。

最終更新:7/21(日) 9:55
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事