ここから本文です

宇宙飛行士3人がISSに向け出発、アポロ月面着陸から50周年で

7/21(日) 12:33配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月21日 AFP】アポロ11号(Apollo 11)の月面着陸から50年を迎えた20日、米国、ロシア、イタリア出身の3人の宇宙飛行士たちが、カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地(Baikonur Cosmodrome)から国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発した。

 ロシア国営宇宙企業ロスコスモス(Roscosmos)のアレクサンドル・スクボルツォフ(Alexander Skvortsov)氏、米航空宇宙局(NASA)のアンドリュー・モーガン(Andrew Morgan)氏、欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)のルカ・パルミターノ(Luca Parmitano)氏が乗った宇宙船「ソユーズ(Soyuz)」は、グリニッジ標準時(GMT)の20日午後4時28分(日本時間21日午前1時28分)に打ち上げられた。

 映像は、NASA TVが撮影、提供。(c)AFPBB News

最終更新:7/21(日) 12:33
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事