ここから本文です

宮迫さんと田村亮さん謝罪会見(全文6)現段階で訴訟は考えていない

7/21(日) 13:42配信

THE PAGE

会社はなぜ謝罪会見をすぐにさせなかったのか

毎日新聞:なるほど。あと、やっぱり確かにもともとうそついてしまって、こうなっているっていうのはそうだと思うんですけど、でもどこかのもうちょっと早いタイミングでお2人は全て話して謝りたいと言ってて、それでもやっぱり会見に成功はないんだとか、それだったら連帯責任でほかの芸人も含めて首にするぞとかっていうふうに社長に言われたと、おっしゃっていたと思う。それ故に謝罪会見がしかるべきタイミングでできなかったっていうのは、やっぱり大きい、ちゃんとしたこれだけ社会的影響のある会社のやり方としては、やっぱりどうかなって思ったんですけれども、なんでそういう対応になっちゃったのかなと。

 当初、うそをついたのは自分の保身からだってお2人おっしゃっていましたけれども、社長とかはなんで、保身なのか、どういう理由なのか分かんないですけども、そういう選択を取ったんですかね。すぐに謝罪会見をせず、静観っていう行動というか、なかなかやらしてくれなかったと思いますか。

宮迫:そこの会話を社長とはしていませんので、その臆測をしゃべるのは。

毎日新聞:会社は。

宮迫:会社は、どういう判断でということですか。

毎日新聞:なんですぐ謝罪会見をさせてくれなかったのか。社長も当初は話してて、静観だからとか、じゃあ引退するんだったら。

宮迫:先ほど、静観のところに、岡本社長はその現場にはいません。

毎日新聞:なるほど。じゃあ会社はなんでだったんですかね、やっぱり。やらせてくれなかったのは、あらためて。なんでそうやってすぐに謝罪会見をお2人はするって言っているのに、させてくれなかったと思いますか。

田村:思うかですか。想像で言うと、ちょっと何か。

宮迫:僕たち、今日事実をしゃべるだけであって、想像でしゃべってしまうと事実っていうのは言えないので、申し訳ないです。

田村:大丈夫ですか、すいません。

毎日新聞:分かりました、大丈夫です。いえ、すいません。

男性:いいですか。

宮迫:じゃあ、すいません、いったん前の方でいいですか。

3/5ページ

最終更新:7/21(日) 15:54
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事