ここから本文です

自転車で節約生活するも、事故で加害者になってしまったら……

7/21(日) 19:11配信

ファイナンシャルフィールド

移動手段としてコストがかからない自転車。最近、自転車で走行中に歩行者にけがを負わせたり、死に至らしめて大きな賠償責任を負わなければならなくなったりと、そんなニュースを目にしませんか。

自分が、または家族がそのようなつらい目に遭わないように、安全運転を心がけるのはもちろん、備えとしての自転車保険について理解をしておきましょう。

自転車による加害事故は1年で1万5281件

自分が自転車に乗っていて起きる自転車事故というと、

(1)自分がけがをする、ひかれる
(2)物にぶつかるなどして、損害を与える
(3)他人にけがをさせる、ひいてしまう

という3つがあるわけですが、日本損害保険協会によると、平成29年の(3)の自転車による加害事故は1万5281件で、自転車事故全体のうちの16.9%あるそうです。

自転車事故でも被害の大きさによっては、数千万円の賠償金を支払わなくてはならない場合があります。未成年といえども賠償責任を免れることはできません。下記は自転車での加害事故とその損害賠償額です。

≪自転車での加害事故例≫
判決認容額(判決文で加害者が支払いを命じられた金額です(金額は概算額)。

・ 9521万円
男子小学生(11歳)が歩行中の女性(62歳) と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。(神戸地方裁判所、平成25年7月4日判決)

・9266万円
男子高校生が男性(24歳)と衝突。男性に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。(東京地方裁判所、平成20年6月5日判決)

・6779万円
男性が女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成15年9月30日判決)

・5438万円
男性が女性(55歳)と衝突。 女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成19年4月11日判決)

・4746万円
男性が女性(75歳)に衝突。女性は脳挫傷等で5日後に死亡した。(東京地方裁判所、平成26年1月28日判決)

(日本損害保険協会調べより筆者抜粋)

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 19:11
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事