ここから本文です

夏の高校野球香川大会 高松商が準々決勝へ、シード校に波乱も

7/21(日) 19:07配信

KSB瀬戸内海放送

 夏の高校野球香川大会、21日は2回戦1試合と3回戦4試合。

<レクザムスタジアム>
高松北 12-2 高松桜井(6回コールド)
 38校中最後に登場した高松桜井が1回にスクイズなどで2点を先制。しかしその後、高松北打線がホームランを含む10安打の猛攻で逆転勝利です。

高松商 10ー0  坂出(6回コールド)
 雨で試合が一時中断する中、高松商業が集中力を切らさず効果的に得点を重ね、ベスト8、1番乗りです。

高松工芸 6-3 藤井
 高松工芸が3回に4安打を集めて3点を先制すると、その後も効果的に追加点をあげます。守っては先発・向井が10安打を浴びながら3失点にまとめシード校・藤井を撃破しました。

<レクザムBP丸亀>
四学香川西 15-4 石田
 四学香川西は足を絡めた攻撃で序盤から得点を重ねます。7回に4点を返されますが、最後まで攻撃の手を緩めず3回戦突破です。

尽誠学園 13-0 善通寺一(5回コールド)
 3回と4回に集中打で大量得点をあげた尽誠学園が投打で善通寺一を圧倒し、堂々の準々決勝進出です。

最終更新:7/23(火) 20:24
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事