ここから本文です

傘の先端が目に、電車のつり革が直撃…“デカい人”のリアルな悩みエピソード!

7/21(日) 17:42配信

TOKYO FM+

デカイやつの悩み

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月23日(木)放送のテーマは「デカイやつの悩み」でした。昔に比べ日本人の平均身長はグッと伸びたとはいえ、男性は180cm、女性は170cm以上の人となるとやはり「大きい!」と注目を浴びることも多いはず。うらやましい悩みと思いきや、大きい人には大きい人の悩みが……!? ということで、今回は高身長の人に話を聞いてみました。

◆普通にしてても「不機嫌?」と言われる

「身長が小さい人と話すときに、すごく疲れちゃうっていうのはありますね。背中を屈めて顔の位置を相手に合わせたりするので、腰と背中が凝ってします(笑)。室内でもヘタに動くと頭をぶつけちゃうんで。古い旅館とかに行くとすぐぶつけるかな(笑)。

小学生のときはウルトラマンなんて呼ばれることがありましたね。身長が高いから怖く見られるってことですかね。普通にしてても『不機嫌?』って言われるので(笑)」(20歳/男性/大学生/181cm)

◆電車のつり革や歩行中の傘が脅威に

「悩みは、たくさんありますね(笑)。よくあるのが、電車に乗っているときに隣の人がつり革を離すと、僕の頭に当たるんです! 人の離したつり革が、ちょうど僕のコメカミくらいの位置に来るんですよ(笑)。こっちだけが『痛っ!』ってなったり。中吊り広告の下に立つと、頭に当たって広告が浮くんです(笑)。

あとは、雨の日の悩みなんですけど、前から歩いてくる人の傘の先端が、ちょうど僕の目線にあるんですよ。いつも目に来るのが恐いんですよね」(50歳/男性/古着屋オーナー/187cm)

◆映画館で後ろから「見えな~い!」の声

「映画を観るときも後ろの人に気を使いますね! 映画館では、必ず後ろのほうの席を取るようにしています。それでも後ろに人が来たら、体を沈めて観てますね。お尻が痛くなっても、脚を開いて我慢(笑)。昔、『前にいるお兄ちゃんが大きいから見えな~い!』ってモロに聞こえたことがあって(笑)。絶対、俺でしたもん!」(47歳/男性/会社員/182cm)

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 17:42
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事