ここから本文です

清宮福太郎、悔しさを経験に変えて!3戦目は悔しい2連続三振

7/21(日) 13:56配信

高校野球ドットコム

 日に日に注目を集める早稲田実業の1年生・清宮福太郎。5回戦・都立東村山西戦に「8番・左翼手」でスタメン出場する。

 2回一死で迎えた第1打席。都立東村山西の先発・内野 大輝と対戦し、外角中心の攻めで追い込まれると、最後も外角のストライクからボールになる横のスライダーで空振り三振。

 そして5回は先頭バッターで迎えた第2打席。再び内野との対戦し、ここも外角中心。2球で追い込まれてから変化球に食らいついていくも、落ちる変化球にバットが回り空振り三振。

 ここで清宮は交代し、結果は2打席2打数2三振。悔しい結果に終わった。

 清宮について和泉実監督は、「今日の投手は清宮と相性が悪いと思ってので、スタメンを外すことも考えました。ただ彼は対応力がある選手だと思うので、今日の2打席は彼にとって大きな経験になったと思います」とルーキーへ励ましの言葉を送った。

 まだ清宮は1年生。彼の高校野球はまだ始まったばかりなのだ。2年後、3年生の夏に大活躍するために、今日の2打席が彼の中で大きな糧になることを願いたい。

最終更新:7/21(日) 13:56
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(火) 21:50

あなたにおすすめの記事