ここから本文です

沖縄の家庭では調味料代わり?コストコの「ツナ缶」簡単レシピ3選

7/21(日) 20:02配信

magacol

大容量でコスパのいい商品が揃う「コストコ」。Mart読者にも愛用者が多く、皆さん上手に利用しています。今回は、コストコのツナ缶をヘビロテしているという井上さんに、ツナ缶を使ってよくつくるレシピを3つお聞きしました。

コストコユーザー:神奈川県在住 井上紀子さん
結婚して沖縄から上京、「ホームシックを解消してくれたのがコストコなんです」という2児のママ、井上さん。上京後、食べ物から日用品まで、故郷沖縄でおなじみだったものが買えず悩んでいたところ、コストコで手に入ると知ったのが通い始めたきっかけなんだとか。行きつけは金沢シーサイド倉庫店、コストコ歴は13年。コストコでの買い物は月2回のお楽しみだそうです。

コストコの「マルハニチロ ツナフレーク」

80g×16缶 ¥1,498

まぐろの油漬けは使い切りやすい80g缶。「沖縄ではお歳暮にもツナ缶を送るくらい重宝されています。調味料代わりに使うので、16缶でもすぐ使い切ります」(井上さん)

レシピ(1)ツナ缶を使った「にんじんしりしり」のつくり方

千切りにしたにんじんと卵、ねぎ、ツナ缶は油をきらずに、少し多めの油で炒めます。だしの素としょうゆ少々で味を調えたら「にんじんしりしり」の完成。

油とにんじんの相性がいいので「少し多めかな?」と思うくらいの油で調理します。ツナ缶の油も捨てずに使います。

レシピ(2)ツナ缶を使った「そうめんチャンプルー」のつくり方

昼食にも◎のそうめんチャンプルーはフライパンいらず。ねぎとツナを茹でたそうめんと混ぜて、だしの素としょうゆで味を調えます。

「焼くと固まって失敗しやすいそうめんは焼かずに、食べる直前にほかの材料を混ぜると美味しく食べられます」(井上さん)

レシピ(3)ツナ缶を使った「アンダンスー」のつくり方

油をきったツナ缶を砂糖、味噌、酒で炒めればアンダンスーの完成です。ご飯のお供に最適。「ツナ缶があれば、豚肉を使うよりも簡単にできちゃうんです」(井上さん)

事前にしっかりとツナ缶の油をきっておきます。「つくり置きができるのであとで分離しないように。このひと手間が重要です」(井上さん)

最終更新:7/21(日) 20:02
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事