ここから本文です

“NHKをぶっ壊す!職員のみなさんもご一緒に!”の「NHKから国民を守る会」が議席獲得か

7/21(日) 21:34配信

BuzzFeed Japan

7月21日午後8時に開票作業が始まった参議院議員選挙。ANNと朝日新聞は出口調査の結果をもとに、諸派の「NHKから国民を守る党」(N国)が比例代表で、少なくとも1議席を獲得する見込みだと報じた。【BuzzFeed Japan/伊吹早織】

【写真】「N国」と「れいわ」が得たもの、自民が失ったもの。

「NHKから国民を守る党」は、元NHK職員の立花孝志氏が党首を務め、2013年に発足した政治団体。

今年4月の統一地方選で、関東の区議会や市議会を中心に、全国で26議席を獲得し、注目を集めた。今回の参院選では、選挙区に37人、比例代表に4人の候補者が立候補している。

党ホームページには「NHKにお金(受信料)を払わない方を全力で応援・サポートする」「NHKから被害を受けている視聴者・国民を全力で、命がけで、お守りいたします」と掲げられている。

NHKから国民が受けている被害として「公共放送なのに国営放送のような放送をされている」「反日的な報道をされている」などと主張する一方、具体的な政策に関する公約は掲げられていない。

NHKのスタジオで収録される政見放送で、「さあテレビの前のあなたもご一緒に!NHKをぶっ壊す!スタジオにいるNHKの職員もみなさんもご一緒に、NHKをぶっ壊す!やるわけないですね!」などと叫ぶ様子が話題になった。

BuzzFeed Japanの選挙特番に出演した文筆家の古谷経衡さんは、「N国をわたしは第2在特会だと思っている」と語る。

「N国には在特会出身の党員もいる。立花氏にそこまで排外性があるわけではないが、そういう背景のメンバーが集まっている。統一地方選でN国がふた桁の議席を取ったのは、低投票率で新しいことをすれば目立つという地方議会の弱点を突いたものだった」

「しかし、国政、参院選で議席を取ることは想像できなかった。もし当選したとすれば、なにかの隙間に入ってしまった。テトリスで言えば長いブロックがすっと縦に入り、ブロックが4段消えた。そういう状況ではないか」と話す。

一方で、「N国に投票した人はネトウヨなのかというと、必ずしもそうとは言えないのでは」と指摘する。

「いわゆるネット右翼と呼ばれる層からの票ではなく、サブカル的なノリというか、面白ギャグみたいなものを好む有権者が、どれくらいいるかということだろう」

「『NHKをぶっ壊す』という主張自体は、ネット右翼からすると、10年前から訴訟などもやっていて全然新しくない。今回の選挙ではネット右翼は完全に自民党支持だと思うので、どちらかというと面白がりなのでは」と話した。

最終更新:7/22(月) 12:34
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事