ここから本文です

廣瀬智紀、タッグを組む小越勇輝は「潜在能力の高さがすごい」

7/21(日) 12:56配信

クランクイン!

 俳優の廣瀬智紀と小越勇輝が20日、都内で開催された映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』完成披露イベントに出席。廣瀬は会場に詰めかけたファンに向かって役柄への思いを語り「20を目指して頑張りたい。20は言いすぎました。それでも9」と長期シリーズ化を希望した。

【写真】廣瀬智紀&小越勇輝、映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』完成披露イベントの様子


 2017年に公開した『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』の続編となる本作は、風変わりな探偵の紅伊玲二(廣瀬)が、祖父から引き継いだ探偵事務所の2代目所長として、相棒の柳沢祐介(小越)と新たなタッグを組み、決して表には出せない秘密を抱える依頼人を救う姿を活写する。イベントには2人のほか、毛利安孝監督も登壇した。

 2年ぶりの紅伊玲二役について、廣瀬は「久しぶり感はもちろんあったんですけど、一度演じている役なので…役者やっているからか分からないですけど、その衣装をまとうと、その気持ちになれる。スイッチが入る瞬間ってない?」と言い、これに小越が頷くと「紅伊玲二の衣装を着ると、紅伊玲二として背筋もシュッとなるし、立ち方、しぐさ、すべて紅伊玲二さを追求したくなる」とコメント。

 小越は、一度舞台で共演経験があったという廣瀬を「相変わらずの素敵さ」と絶賛し「マイペースさというか、和むような、その中に熱いものがあって」と魅力を力説。これを受けた廣瀬も「より一層クリエイティブな気持ちになれるというか。もっとこうしたいなと思わせてくれる、その潜在能力の高さがすごいなと思っていて。今回こうやって新しく相棒で入ってくれたから、より一層、作品が面白くなるなと思っていたその自分の思いよりも、遥かに超えてきてくれたので、流石だなの一言です」と称賛した。

 その後、本作の気になる結末を踏まえて、続編への意欲に話が及ぶと、廣瀬は「1を始めさせていただいた時点で、自分にとって、無茶苦茶大切な作品なんですね。主題歌もやらせていただいたりしていて」と頬を緩めつつ「20を目指して頑張りたい。20は言いすぎました。9。それでも9」と長期シリーズ化を希望して会場を沸かせていた。

 映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』は今秋に公開予定。

最終更新:7/21(日) 12:57
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事