ここから本文です

広島バティスタが圧巻2発、阪神は6連敗でストップ…20日のセ・リーグは?

7/21(日) 7:20配信

Full-Count

DeNAは逃げ切り勝利、巨人の田口は“10連投”も黒星

 セ・リーグは20日、各地で3試合が行われ、広島、DeNA、阪神がそれぞれ勝利した。広島は中日と並んで同率3位に浮上した。

【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開

 広島は本拠地で巨人に4-2で勝利し2連勝。先発・床田が5回までに2点を失うも、6回にバティスタが同点2ラン。さらに、バティスタは8回には勝ち越し2ランを放ち、一人で全4打点を挙げる活躍でチームを勝利に導いた。巨人は同点の8回に7月6日のDeNA戦からオールスターを挟んで10連投の田口が登板するも、先頭・田中に四球を与え、西川は送りバントで1死二塁とされ降板。3番手デラロサが勝ち越し弾を浴び、田口に今季初黒星がついた。

 DeNAは4-3で逃げ切り、中日に勝利した。3回に2死満塁でソトが先制2点二塁打を放つと、続くロペスも2点タイムリー。一挙4点を奪った。先発・石田は5回1失点とゲームを作り、4番手パットンがアルモンテに2ランを浴びて1点差とされたものの、逃げ切った。中日は先発・山井が4回4失点で4敗目(3勝)。打線もあと1点が奪えなかった。

 阪神はヤクルトに4-3でサヨナラ勝ち。劇的な勝利で連敗を「6」で止めた。先発の高橋遥人が7回2失点10奪三振と好投すると、打線はヤクルト小川に抑え込まれていたものの、8回に糸原が同点打。さらに、大山が勝ち越しのタイムリーを放った。9回にドリスが同点に追いつかれたものの、その裏にドラ1近本がサヨナラ犠飛。これが後半戦初白星となった。ヤクルトは小川が7回まで1失点の好投も、8回につかまった。9回に一時は同点に追いついたが、最後はハフが1点を失い、連勝はならなかった。

→1 巨人 85試合50勝34敗1分 .595 -
→2 DeNA 88試合43勝43敗2分 .500 8.0
↑3 広島 89試合41勝45敗3分 .477 2.0
→3 中日 86試合41勝45敗0分 .477 -
→5 阪神 88試合40勝44敗4分 .476 0.0
→6 ヤクルト 88試合35勝51敗2分 .407 6.0

Full-Count編集部

最終更新:7/21(日) 7:20
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(土) 22:45

あなたにおすすめの記事