ここから本文です

【MLB】大谷翔平、179キロ左前打に名物実況驚愕「かなりの打球速度… Wow」

7/21(日) 14:04配信

Full-Count

敵地マリナーズ戦で「3番・DH」で2試合連続先発出場し、5打数1安打1盗塁

■エンゼルス 6-2 マリナーズ(日本時間21日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地のマリナーズ戦で2試合連続で先発出場。4打席凡退で迎えた9回の第5打席で3試合ぶり安打となる左前打を放った。さらに、今季7個目の盗塁を決めた。5打数1安打で打率.295。チームは6-2で競り勝ち、連敗を3で止めた。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

 待望の一打は4点を勝ち越した9回2死。フルカウントから、5番手左腕・エリアスの高め95マイル(約152.9キロ)のフォーシームを左前へ打ち返した。打球速度111マイル(約178.6キロ)。17日(同18日)の本拠地アストロズ戦以来3試合ぶりの安打となった。さらに、同一塁から二盗を決め、今季7個目の盗塁をマークした。

 地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」で名物コンビを組む実況のビクター・ロハス氏と解説のマーク・グビザ氏は、3試合ぶりの安打を興奮気味に伝えた。

実況「レフトにライナーの当たりです!」

解説「そして、かなりの打球速度のようでしたね」

実況「111マイルの打球速度のレフト前ヒットです」

解説「Wow」

 チームは同点の9回にトラウトの31号3ランなどで4点を勝ち越した。それでも、復調が期待される25歳の“弾丸安打”に名物解説も思わず言葉を失っていたようだ。

Full-Count編集部

最終更新:7/21(日) 14:26
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事