ここから本文です

沖縄宮古の下地島に初の国際便就航 香港から満席のLCC到着

7/21(日) 9:10配信

沖縄タイムス

 格安航空会社(LCC)の香港エクスプレスは19日、沖縄県の宮古圏域初の国際定期便の香港-下地島空港線を就航させた。香港発の初便は満席。宮古島観光協会のスタッフらが、同空港に到着した乗客に記念品を手渡した。機材はエアバスA320(180人乗り)。同空港では成田、関西線に次いで3路線目となる。

 同空港ターミナルで記念セレモニーが開かれ、香港エクスプレスのコマーシャルディレクター、ジョナサン・ハット氏が「宮古圏域の観光産業を拡大する役割を果たしたい」と述べた。同路線就航を記念して、10月19日までに搭乗する航空券を7月22日まで片道2600円の特別運賃で販売することも発表した。

 初便で到着したレオン・アンディさん(49)=香港=は「子どもたちと遊んだり、シュノーケリングやゴルフ、宮古島独特の文化を楽しみたい」と話した。

最終更新:7/21(日) 9:10
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事