ここから本文です

生徒600人が参加、人民解放軍のミリタリーサマーキャンプ 香港

7/21(日) 11:10配信

CNS(China News Service)

【CNS】第15回香港青少年ミリタリーサマーキャンプが15日、香港の人民解放軍(PLA)新囲駐屯地で始まった。開幕式典では、香港の100余りの中学校から参加した600人の生徒が迷彩服姿で整列し、キャンプ生活を始めた。

【写真】ミリタリーサマーキャンプの開幕式典

 午前10時40分ごろ、陸海空3軍の儀仗(ぎじょう)隊による国旗掲揚で式典はスタート。 2人の生徒代表をはじめ600人の青少年が右手を上げ、はつらつとキャンプ入りを宣誓した。

 今回のキャンプは15日から28日まで。前回より人数を増やして、香港の中学1年生から5年生までの合計600人が選ばれ、男子生徒330人が22クラス、女子生徒270人が18クラスに分かれた。

 キャンプでは主に、体力トレーニングや講演、施設見学、文化活動などに取り組む。香港駐屯部隊は今年、青少年たちが実際に取り組みやすいよう訓練の内容を多様にし、楽しさと安全性を強調するため、「徒手格闘訓練」と「30メートル蛇行ランニング」などのプログラムを加えた。

 香港駐屯部隊の陳亜丁(Chen Yading)副政治委員は演説で、「香港の青少年は、サマーキャンプでの体験を通じて、国家と軍隊について客観的かつ全面的な認識をより得ている」と述べた。キャンプを通じて適切な習慣や姿勢をはぐくみ、今後の学習や将来の仕事に役立てることで、香港の調和の取れた繁栄を築くために積極的な役割を果たすことが期待されている。

 前回参加した生徒の代表、中学4年生の黃家欣(Huang Jiaxin)さんは「人民解放軍の生活をずっと前から体験したかった」と語った。サマーキャンプによって自立と自己規律の精神を身につけ、チームワークの重要性を学ぶなど、自身を成長させるのに大きなメリットがあったという。

 今年参加した中学4年生の聶卓堯(Nie Zhuoyao)さんは「キャンプの期間中、電子製品から離れる生活に挑戦します」と心境を語った。初めてのキャンプでは、時間を厳守して規律を守る軍人たちの姿が強く印象に残ったといい、「立つ姿勢、座る姿勢などの基本訓練を通じ、軍事訓練の体験をしていきたい」と述べた。

 香港青少年ミリタリーサマーキャンプは香港特別行政区政府、香港人民解放軍駐屯部隊、香港群力資源センターの共催。これまでに4300人の青少年、生徒が参加し、香港の若者に大人気の夏休みの課外活動になっている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:7/25(木) 10:20
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事