ここから本文です

【佐賀・唐津×ゾンビランドサガ】ご当地フードやラッピング列車、“聖地巡礼”楽しもう

7/21(日) 17:24配信

佐賀新聞

 テレビアニメ「ゾンビランドサガ」と佐賀・唐津のコラボ企画が26日から、県内を舞台に始まる。10月までラッピング列車をJR唐津線やJR筑肥線に走らせるほか、劇中に登場したご当地フードやコラボ商品販売などが、各地の“聖地巡礼”と併せて楽しめる。

 作品はゾンビになった7人の少女らが佐賀を救うアイドルを目指す物語。昨年10月から12月にかけて放送され、県内各地のスポットやグルメが登場し、話題を呼んだ。

 ラッピング列車は1両。唐津線の西唐津-佐賀間、筑肥線の唐津-伊万里間を毎日運行(悪天候、車両点検で運休の場合も)、企画をPRする。

 作中に登場した唐津市、佐賀市、伊万里市、嬉野市では、唐津バーガーやシシリアンライスなど、ご当地フードが味わえ、オリジナルコースターの特典も付いてくる。ふるさと会館アルピノ(唐津市)、「JONAI SQUARE」(佐賀市)、道の駅鹿島ではコラボグッズを販売する。

 登場人物たちの住まいのモデルで、現在休館中の唐津市歴史民俗資料館(旧三菱合資会社唐津支店)も特別開館する。26日から28日までの3日間と8月18日、9月15日、10月20日の午前9時から午後4時まで。

 唐津市は2016年からアニメを活用した事業に取り組む。17年3月から市を舞台にフィギュアスケーターの成長を描いたアニメ「ユーリ!! !  on ICE」とコラボ事業を実施。18年8月までの期間中、市によると延べ6万人以上が唐津を訪問、うち約1300人は海外40カ国以上から訪れ、4億円以上の直接経済効果があった。

 「ゾンビ-」との初コラボに、唐津市経済観光部は「唐津をはじめ、聖地巡礼で県内各地を周遊してもらえれば」と期待する。

最終更新:7/21(日) 19:39
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事