ここから本文です

イニエスタ、バルサとの初対決は「不思議な感じ」…日本サッカーにも言及

7/21(日) 14:42配信

ゲキサカ

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)が、古巣バルセロナとの対戦は「不思議な感じがするだろう」と表現した。バルセロナ公式サイトが伝えている。

 今月23日にチェルシー、27日に神戸とのプレシーズンマッチに向けて来日するバルセロナ、22年間過ごしたクラブとの対戦にイニエスタは「1年後にバルサが僕の過ごす街を訪れるというのは興味深い。あらゆる人にとって非常に特別な試合になるのは間違いない」と語り、楽しみにしている様子。

「ブスケツやジョルディ・アルバ、ラキティッチと対戦するのは僕にとって不思議な感じがするだろう。僕の生涯のチームと対戦するのは奇妙なものになるはず。僕にとって様々な感情が湧き上がる日になるだろう。願わくば誰もが楽しみ、ヴィッセル神戸のファンが偉大なスペクタクルを満喫して欲しい」

 また、日本サッカーについても言及。「とてもレベルが高く、そう見えないかもしれないが、ファンはとても情熱的だ。スタジアムの雰囲気は本当に素晴らしい。ノエビアスタジアムが満員になるのは間違いない。それを目の当たりにすることになるだろう。どこに行っても全てのファンが示してくれる愛情は良い意味で予想以上だった。彼らはとても感謝の気持ち、敬意を払ってくれる」とバルセロナファンに伝えた。

最終更新:7/21(日) 14:42
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事