ここから本文です

【K-1 KRUSH】卜部功也、兄との熱戦以来のKO負けも「すぐに試合したい」

7/22(月) 6:30配信

イーファイト

KRUSH実行委員会
「K-1 KRUSH FIGHT.103」
2019年7月21日(日)東京・後楽園ホール

【フォト】シュアイの右ストレートが卜部にヒット

▼第9試合 日本vs中国・7対7全面対抗戦・大将戦 K-1 KRUSH FIGHTライト級 3分3R延長1R
●卜部功也(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 1R 0分55秒 ※左ストレート
◯ジュ―・シュアイ(中国/遼寧創新ジム/CFP)

 卜部はアンタッチャブル(触ることが出来ない)の異名の通り、卓越したテクニックを持ちスーパー・フェザー級時代には初代王座獲得と世界最強決定トーナメント優勝を達成。2017年からライト級に転向し、昨年3月にウェイ・ルイをKOし第2代王者に就いた。しかし今年3月の「K’FESTA.2」で同門の林健太に敗れてベルトを失い引退も考えていたが、対抗戦のオファーを受けて再起することを決意した。

 今回、対戦予定だったジェン・ジュンフェンが練習中に眼科内側壁骨折及び鼻骨を陥没骨折。医師の診断の結果、ドクターストップがかかり、代役としてシュアイが選出された。同選手は2016年WLF武林風(中国のビッグマッチ)-60kg級の新人王に輝いている武林風期待の若手だ。戦績は23戦16勝7敗で、欧米人選手との対戦経験も多いファイターだという。

 1R、序盤から左ミドル、左ローと積極的に攻めていく卜部に対して、シュアイも右のローから右ミドルと淡々と攻撃を返していく。卜部が距離を取って下がりながら左フックを見舞わんとすると、シュアイが入り込んでカウンターの右ストレートをクリーンヒットさせて、これに卜部がうつ伏せになってダウン。
 
 卜部は何とか立ち上がりファイティングポーズを取るが、目つきがおぼつかなくレフェリーが試合を止めた。卜部は2015年の兄の卜部弘嵩と争ったK-1スーパーフェザー級タイトルマッチ以来のKO負けを喫した。

 試合後にシュアイは、自身の勝利に「気持ち良くて興奮しています。卜部選手はコンビネーションの優れた選手というのは知っていたので、カウンターがはまった感じでした。今回勝利できてK-1の62.5kgの階級で試合をしたいと思います」とK-1参戦に意欲を示した。

 卜部は敗戦後、「最悪な結果になってしまいました、コンディションは良かったけど、何かダメでしたね」と振り返った。まさかの1RKO負けに「(試合を)やった感じがしないので海外遠征とかで使ってもらえたら。試合感覚を戻したいと思います」と更に試合に挑戦していきたいと語る。

 更に「とりあえず感覚を戻すには、試合で戻すしかないです。すぐに試合したいですね。今回はしっかりトレーニングはしたけど、完全に僕のミスですね。60戦やってればこんな試合もあるし、負けた部分は認めるしかないし、感覚を戻すしかないです」とこれからについては前向きなコメントを残した。

最終更新:7/22(月) 6:30
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事