ここから本文です

【香港】キャセイ、香港エクスの買収を完了

7/22(月) 11:30配信

NNA

 香港の航空大手、キャセイパシフィック航空は19日、中国同業大手の海航集団(HNAグループ)傘下の格安航空会社(LCC)、香港エクスプレスの全株式取得を完了したと発表した。キャセイは香港エクスプレスを今後もLCCとして運営する方針。
 20日付香港経済日報によると、キャセイのルパート・ホッグ最高経営責任者(CEO)は「香港エクスプレスの経営モデルは変えない。通常業務を続け、乗客は今後より多くの割安チケットや航空路線を選べるようになる」とコメントした。香港エクスプレスの子会社化がキャセイに新たな発展のチャンスをもたらすと説明した。
 香港エクスプレスの会長はルパート・ホッグ氏が兼任し、CEOにはキャセイ取締役の林紹波(ロナルド・ラム)氏が就くという。
 キャセイは傘下に100%子会社のキャセイドラゴン航空(国泰港龍航空)を持つ。香港エクスプレスを合わせた3社の香港での市場シェアは8割以上を占めるという。
 キャセイは3月末、49億3,000万HKドル(約680億円)で香港エクスプレスを買収すると発表。香港エクスプレスの一部株主が売却に反対しており、キャセイ側は取引協議を取りやめる権利を持つとも表明していた。

最終更新:7/22(月) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事