ここから本文です

改憲、攻防激化へ 秋の国会で憲法審、意向 首相、一部野党に秋波 参院選

7/22(月) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 与党の自民、公明両党が改選過半数を大きく超える見通しとなった。自民党総裁の安倍晋三首相は憲法改正に必要な3分の2議席の確保に向け、野党の一部の取り込みに意欲を示す。首相が主導する改憲に反対する立憲民主党など野党との攻防が激化しそうだ。

 自民、公明の与党が堅調な戦いぶりを見せたことで、安倍晋三首相からは強気の発言が飛び出す。
 首相は21日夜のテレビ番組で、停滞している衆参の憲法審査会での改憲論議について「共産党は議論すらしない姿勢をほぼ明らかにしている。全員が一致しない限り議論すらしないということであったら国会議員としての職責を果たせない」と強調。…… 本文:1,265文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:7/22(月) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事