ここから本文です

【MotoGP】クアルタラロはマルケスの好敵手に? ミック・ドゥーハンもその速さに期待

7/22(月) 17:00配信

motorsport.com 日本版

 5度の世界チャンピオン獲得経験のあるミック・ドゥーハンは、今シーズン驚異的な活躍を見せているファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)について高い評価を与えているようだ。

【ギャラリー】マルケスが10連覇を果たしたドイツGP

 ドゥーハンは度々MotoGPパドックを訪れており、クアルタラロが初めてポールポジションを獲得したスペインGPや、同じくポールポジションを獲得したオランダGPにも居合わせた。

「他のみんなと同じで、僕も感銘を受けたよ」と、ドゥーハンはMotoGP.comに語っている。

「何が強いかって、彼はただバイクに乗っているというところだ。彼はそれ以外には何も考えていない。ただライディングしているんだ。僕らはみんなそうだけど、彼はそれをみんなよりもうまくやっているんだ」

 またドゥーハンは、クアルタラロの闘争心がこうした良いパフォーマンスに影響を与えていると指摘した。

「彼はフリー走行ですら2番手でいることを好まない」

「集中力を保って、このスポーツで成長するという未来像を持つことができれば、それが現実のものとなると私は確信している」

「シーズンの開始からこれまで、彼は速く、そして安定していた。あとはレースでそれをまとめ上げる必要があるだけだ」

「彼が表彰台に登るところを目にするのは素晴らしかった。彼は自信を得ることができたはずだ」

「彼がより自信を積むためにも近いうちに初優勝を果たすことを願っている。ひょっとするとプラクティスと予選どころか、毎週末のレースで優勝争いをするかもしれない」

 そして彼は、クアルタラロが現在MotoGPを支配しているマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)に対抗できるライバルになると考えていると語った。

「僕は彼の存在はこのスポーツにとって素晴らしいものだと思う。彼はマルクの次なるライバルだ。(アレックス)リンスと同じようにね。クアルタラロはまさに今その任にあるライダーなんだ」

「ヤマハがエンジンをどうにかできたなら、彼はマルケスと張り合うことだってできる。僕はそう思うよ」

「もちろん、若い次世代にはマルクと競えるライダーはいる。リンスやクアルタラロ、おそらく(ジャック)ミラーも、マルクに挑めるだけの才能を持っているだろう」

Léna Buffa

最終更新:7/22(月) 17:00
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事