ここから本文です

シェーン・ローリーは自己最高17位 松山英樹32位/男子世界ランク

7/22(月) 17:50配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

21日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、海外メジャー「全英オープン」を制したシェーン・ローリー(アイルランド)が33位から自己最高の17位へ浮上した。

家族とハグ

大会で米ツアー1年ぶりの予選落ちを喫した日本勢トップの松山英樹は3ランクダウンの32位。同じく予選落ちした日本勢2番手の今平周吾は5ランクダウンの76位となった。ともに初出場で予選を通過した稲森佑貴は178位(2ランクアップ)、浅地洋佑は318位(9ランクアップ)と順位を上げた。

同週に開催された米ツアー「バーバゾル選手権」で3年ぶりに勝利を挙げたジム・ハーマンは1252位から269位へジャンプアップ。2試合ぶりに予選を突破した小平智は111位(1ランダウン)となった。

1位のブルックス・ケプカから5位のタイガー・ウッズまで順位に変動はなかった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事