ここから本文です

「MacBook Air(Mid 2019)」のキーボード、打ちごこちはどう? 端子少ないの気にならない?

7/22(月) 6:30配信

ITmedia PC USER

 7月11日に発売された「MacBook Air(Mid 2019)」の店頭販売の上位構成(256GB SSD)を短期集中レビューする連載「Airと私」。初回はCPUの型番チェックとSSDのパフォーマンス確認を行った。

【ポートリプリケーターを使うと便利に】

 仕事への実戦投入に当たって、筆者としては「キーボード」と「外部接続」が非常に気になる。そこで、今回はこれらに焦点を当ててレビューしたいと思う。

キーボードは打ちやすい?

 ここ最近のMacBookファミリーのキーボードは、Apple独自の「バタフライ構造」のキーを採用している。今回使っているMacBook Air(Mid 2019)も、ご多分に漏れずバタフライキーボードを採用している。

 今回レビューしている個体は店頭販売モデルなので、JIS(日本語)配列のキーボードを搭載している。Apple Storeや一部の量販店では、カスタマイズによって以下の配列のキーボードも搭載できる。好みや利用(入力)する言語に合わせて選択すると良いだろう。

・米国英語(US)
・英国英語(UK)
・中国語ピンイン
・中国語注音
・韓国語
・スペイン語

 バタフライキーの最大のメリットは薄さ。一般的なシザー(パンタグラフ)構造のキーよりも薄型化に有利で、本体全体の厚みを抑制できるというメリットがある。スリムでスタイリッシュなデザインを実現するには都合の良い構造だ。

 一方で、疲れやすいというデメリットもある。他のキーボード(特にストロークの深いデスクトップ向けキーボード)と同じ感覚でバタフライキーを打つと、知らず知らずのうちに反動が指や手首、腕、さらには肩にまで来てしまう。その結果、「指が何か疲れている」「肩が凝るなぁ」といった肉体的な疲労感を覚えやすいのだ。

 この疲れやすさについては「バタフライキーはこのようなものだ」と思って軽いタッチで打ち込むようにすれば、大幅に緩和される。打つ際の疲れやすさは、慣れである程度は克服できる。ただし、あくまでも「ある程度」なので、人によっては「疲れすぎてかなわない……」といつまでたってもキー入力のストレスを解消できない可能性がある。

 PCである程度長時間(2~3時間以上)連続で文章を打つことがある人は、購入前に少し時間を取ってバタフライキーボードの“打ち試し”をすることをおすすめしたい。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 6:30
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事