ここから本文です

アンドレア・モーダF1のドライバーで初代スティッグのペリー・マッカーシー、ラリークロス参戦へ

7/22(月) 19:22配信

motorsport.com 日本版

 アンドレア・モーダのドライバーとして1992年のF1に挑戦、テレビ番組『トップギア』の初代スティッグとしても活躍したペリー・マッカーシーが、7月27日~28日にイギリスのリッデン・ヒルで行われるタイタンRXヨーロッパ・シリーズの第3戦と第4戦に参戦することが分かった。

【ギャラリー】アンドレア・モーダのF1マシンを駆るマッカーシー

 マッカーシーは、2003年のル・マン24時間でアウディを走らせたのを最後に、レーシングシーンから遠ざかっていた。しかし今回、タイタンRXのヨーロッパ・シリーズで復帰。彼が走らせるのは四輪駆動のパンテーラRX6であり、このイギリス戦の後、ポルトガル、オーストリア、ハンガリー、ドイツの各ラウンドにも参戦する予定だ。

 この新しい挑戦について、マッカーシーは次のように語った。

「58歳でこのレベルのモーターレースに戻ってこられることを、とても誇りに思っている」

 マッカーシーはそう語った。

「これは大きな挑戦だ。私はラリークロスでレースをしたことはない。でも、それには没頭できる何かを私に与えてくれた。そしてありがたいことに、私はテストで速かったのだ」

 マッカーシーは、イギリスの人気テレビ番組『トップギア』で、スティッグと呼ばれる秘密のドライバーの初代を務めていたことでも知られる。そして今回のタイタンRXでは、元F1ドライバーのネルソン・ピケJr.や世界ラリークロス選手権のポイントリーダーのケビン・ハンセンと戦うことになる。

「引退して以来、競争をすることはなかった。しかし今、そこに戻ってきた。これはチャレンジするということだ。提示されたわけではない。でも、僕がしたいんだ」

 そうマッカーシーは語った。

「ラリークロスをしたことはない。何度か芝の上で走ったことはあるけど、意図したことじゃなかったんだ! でも今度はそれを試すことができると思う」

Hal Ridge

最終更新:7/22(月) 20:12
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事