ここから本文です

ジャブジャブサーキット、葬儀場に集まる人々描く新作「小刻みに 戸惑う 神様」

7/22(月) 10:11配信

ステージナタリー

劇団ジャブジャブサーキット「小刻みに 戸惑う 神様」が7月に愛知、9月に大阪、10月に東京で上演される。

【写真】劇団ジャブジャブサーキット 第61回公演「小刻みに 戸惑う 神様」チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

はせひろいちが作・演出を手がける本作は、はせの代表作の1つ「非常怪談」に続く本格的な“葬儀もの”。地方都市にある葬儀場の祭壇脇のフリースペースを舞台に、故人を偲ぶ関係者、弔問客、告別式を前にせわしく働く斎場スタッフの姿が描き出される。出演者には劇団メンバーのほか、劇団B級遊撃隊の三井田明日香、コンブリ団のはしぐちしんが名を連ねた。

はせは上演に向け、「『非常怪談』と表裏をなす、もう一つの葬儀性を描きたい」とコメントしている。公演は7月25日から28日まで愛知・七ツ寺共同スタジオ、9月27日から29日まで大阪・ウィングフィールド、10月17日から20日まで東京・こまばアゴラ劇場にて。大阪公演のチケットは8月16日、東京公演のチケットは9月6日に販売開始。なお7月27日18:30開演回には北村想、9月28日18:30開演回にはピンク地底人3号、10月20日14:00開演回には天野天街をゲストに迎えたアフタートークが実施される。

■ 劇団ジャブジャブサーキット 第61回公演「小刻みに 戸惑う 神様」
2019年7月25日(木)~28日(日)
愛知県 七ツ寺共同スタジオ

2019年9月27日(金)~29日(日)
大阪府 ウィングフィールド

2019年10月17日(木)~20日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

作・演出:はせひろいち
出演:栗木己義、荘加真美、空沢しんか、伊藤翔大、中杉真弓、高橋ケンヂ、山崎結女、林優花、松本詩千、岡浩之、三井田明日香、はしぐちしん

※高橋ケンヂの「高」ははしご高、山崎結女の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

最終更新:7/22(月) 10:11
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事