ここから本文です

果敢なプレーに沸く サッカー復興支援エキシビション

7/22(月) 9:15配信

福島民報

 サッカー元日本代表選手とミュージシャンらでつくる「Jレジェンド&MIFA FC」と県内高校選抜チームによる福島復興支援エキシビションマッチは二十一日、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で行われた。選手は果敢なプレーで会場を沸かせ、福島復興へ心を一つにした。

 元日本代表として活躍した中田浩二さん、中西永輔さん、坂田大輔さん、名波浩さんらJレジェンドと、サッカーを愛するウカスカジー(GAKU-MCさん&桜井和寿さん)らミュージシャンが出場した。FCが2-0で勝利した。

 四年ぶりに福島での試合に臨んだ桜井さんは「福島を訪れると、お帰りと言われてる気がしてホッとする。また温かい雰囲気の観客に迎えられサッカーをしたい」と笑みを浮かべた。GAKU-MCさんは「観客席からの声が大きくて感動した。こんな雰囲気をつくりたいと続けてきたイベントが思っていた形になりうれしい」とほほ笑んだ。

 県内高校選抜チームの高校生は緊張した表情を見せながらも思い切ったプレーで健闘した。福島明成高三年の渋谷拓飛さん(17)は憧れの名波さんとボールを競り合い、パスワークの正確さなど一流の技を肌で感じた。「今回の経験を今後のサッカー人生に生かす」と声を弾ませた。

 エキシビションマッチは六回目。サッカーJ3第十七節・福島ユナイテッドFC(福島U)-ロアッソ熊本戦に先立ち行われた。

 Jレジェンド&MIFA FCのメンバーは次の通り。

 ▽Jレジェンド=中西永輔、清水範久、中田浩二、森岡隆三、都築龍太、鈴木隆行、小村徳男、坂田大輔、久保竜彦、山口素弘、名波浩

 ▽福島ユナイテッドOB=時崎塁、鴨志田誉、茂木弘人

 ▽MIFA=GAKU-MC、TEE、ウカスカジー、TERU(GLAY)

■Jリーグ・村井チェアマンに聞く 地域振興を促進

 県と福島民報社がマッチデースポンサーのJ3第十七節・福島ユナイテッドFC(福島U)-ロアッソ熊本戦を観戦したJリーグの村井満チェアマンは二十一日、福島民報社のインタビューに応じ、サッカーを通して地域振興を促進させる考えを強調した。

 -福島復興支援エキシビションマッチに多くの元日本代表選手、音楽家らが出場した。

 「名選手や著名人がそろったイベントで、観客に笑顔を届けた。参加した高校生にとって思い出に残る経験になっただろう」

 -福島Uの印象は。

 「試合会場の周辺に地域の産品をそろえたフードショップが並ぶなど、家族で試合を楽しめる環境を整えている。ファンに愛され、地域にしっかり根付いていると感じた。スタジアムのピッチの状況は水はけの面などで改善が必要と感じた」

 -チェアマンとして取り組むことは。

 「地域クラブがサッカーの力で地域振興を促進する原動力となるよう取り組んでいく」

最終更新:7/22(月) 9:15
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事