ここから本文です

【RISE】一夜明け那須川天心ら会見、日本人同士の決勝に「全く考えられなかった」(伊藤代表)

7/22(月) 20:05配信

イーファイト

 7月21日(日)大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場で開催された『RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA』の一夜明け会見が、22日(月)大阪市内のホテルにて行われた。

【フォト】那須川の必殺・胴廻し蹴りがスアキムにヒットした瞬間

 はじめに伊藤隆RISE代表が大会を振り返り「選手、関係者、大阪のファン、たくさんの想いが詰まった大会だった。会場はここ2、3年間で最高の入場者数だと。消防局が来るぐらいの大盛況だった。私自身大阪でやって良かった。また来年も開催したいんですけど、エディオンアリーナ以上の会場を考えている」と総括。

 58kg、61kg、二階級のトーナメントについては「世界の強豪を集めた16人の中でよくぞ日本人4人が残った、よく頑張ったと。世界の強豪を集めたんですけれども、日本人が残るというのは全く考えられなかった。世界王座決定戦にふさわしい4人が残った」と、レベルの高い争いを勝ち抜いた日本人4選手を称えた。

「メインはスアキムがすごく良くて、天心も効かされたシーンもあったし非常に僅差だった。ただあのタイミングで蹴りを出せるのはさすが那須川天心だった」と、メインの試合を高く評価。

 一方、延長戦までもつれた志朗、ルンキット・ウォーサンプラパイの一戦を巡る判定について触れると、「延長ラウンドはマスト制なのでアグレッシブな選手が取る。ルンキット選手はクリンチが多くRISEとしては評価されない試合だった」として、判定基準についてはアグレッシブさを評価された志朗の判定勝ちは妥当であったとした。

 また61kg級のトーナメントを勝ち残った梅野源治、白鳥大珠にも触れ、特にセクサン・オー・クワンムアンを下した白鳥を今大会のMVPに選び「かっこよかった、今までの彼の試合だったら3ラウンドで心が折れていた。すごく練習してきてパンチの完成度も高く、本当によく頑張った。次回も期待したい」と絶賛。

 梅野についても「チャンヒョン(・リー)とも話したけど、梅野の蹴りが今まで以上にすごかった、と。“蹴り師”というか、脛が切れるほど、相手の腕が折れるか脛が折れるとかという気持ちが伝わって素晴らしかった」と、両者による決勝を心待ちにする様子だった。

 今大会でトーナメントから強豪タイ人が一気に3名脱落、さらに接戦だったこともありタイ人選手のRISEルールへの適応を気にする声もあったようだが「ムエタイルールだったらというのは彼らに対して失礼」と、伊藤代表。

「タイ人選手、3人チャンピオンが出てくれましたけど、全てを熟知してムエタイの誇りを持って出てくれた。それに敬意を持っている。セクサン、スアキムには、また出てきてほしいし、出てくれたことに感謝。彼らが出てきてくれたことによって世界最高峰の大会になった」とトーナメントに参加したムエタイ王者たちへ敬意を表した。

 その他、海外選手を破った鈴木真彦と原口健飛、日本人対決を制した高橋一眞とRyukiには次戦で”勝負論”を持つ相手を用意したいと、関西発の選手たちへ期待を寄せた。

最終更新:7/22(月) 20:05
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事